• SAWANOBORI 20161024 葛葉川を山頂まで行ってみる!

    Posted on 11月 2, 2016 by in Report

    img_6600

    秋の沢登り
    丹沢では良い季節を迎えています。

    シャワークライミング的に遊ぶのと違い、水に濡れないようにテクニックで壁に這いつくばるイメージです(^^)

    img_6592

    滝壺を避けてトラバース
    これを「ヘツリ」と言いますが、とにかくヘツリまくって山頂を目指します。

    img_6594

    思い切って水に濡れながら進む方がむしろ簡単に感じるほどですが、落ちないように進むドキドキ感がたまりませんwww

    img_6596

    そもそも沢登りは道無き道を進むとても原始的な登山スタイルです。
    ルートファインディングをしながら自分で登れるところを見出して進む。これが醍醐味ですね!

    img_6600

    多少は濡れてしまうこともありますが、そんなに気にするほど寒くはなりません。丹沢は水が冷たくないのがいいですね!

    この時期でも登っていれば、じんわりと汗をかきます。

    img_6604

    源流へ近づくと水流は細くなり、濡れない登山スタイルも余裕が出てきますよ

    img_6610

    img_6613

    もう少しで水が枯れてきそうです。
    最初の一滴には出会えるのか??

    img_6614

    あ、山頂です
    気がついたら枯れた沢を歩いていましたwww

    この日は平日ということもあり、山頂も静かなもんです。

    img_6624

    丹沢の表尾根

    img_6626

    登ってきた沢を見下ろします。
    随分と登ってきたもんだな〜

    10月後半から11月初旬は丹沢の紅葉が始まる時期ですね。
    晴れた週末は山頂がたくさんの人で賑わいます。

    沢登りは寒い、冷たいなどのイメージがあるかもしれませんが、夢中で登っていればそんなことは全く気にならず、アドベンチャーを楽しむことができます!

    秋の丹沢の沢登りを体験してみませんか?

    KTNシャワークライミング
    峯岸健一

Comments are closed.

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。