• Kids mountaineering 20161023 キッズ、妙義山へチャレンジ!

    Posted on 10月 27, 2016 by in Report

    myogisan201610234

    「も」紅葉に映える妙義山

    群馬県出身の方は必ず知っている上毛かるた。その「も」です。

    10月23日現在、今年はまだ山はそれほど色づきは進んでいませんでしたが、これからいい季節になりそうです。

    myogisan201610239

    妙義山は石門や鎖場がたくさんあり、アスレチックのような登山が楽しめます。高崎出身の僕は、小学5年生の時に学校の行事で妙義少年自然の家を利用し野外活動としてきたのが初めてかもしれません。

    myogisan2016102311

    4人のキッズは、5歳、8歳2名、9歳
    この岩場を前にワクワクしている様子です。

    myogisan2016102318

    いきなりちょっとイレギュラーなルートどりで岩登り体験www

    myogisan2016102327

    経験のない岩登りでも子供達は活き活きと登っていました。

    myogisan2016102351

    鎖にフィックスロープをプラスして、トラバース。気分はビアフェラータ!

    myogisan2016102358

    登るは登れても、降りる方が怖いものですね〜

    myogisan2016102381

    お待ちかね?のお弁当タイム!
    第4石門のところにある広場の東屋で、おにぎりが美味しい〜!

    myogisan2016102390

    ささ、午後の部も緊張を継続して進みましょう〜

    myogisan2016102395

    岩場での移動は、縦の動きよりも横移動の方が、子供達へのサポートが難しいですね。
    鎖を利用して、絶対に落ちないように隙を作らないことが大切です。

    myogisan20161023111

    最後の難関!

    myogisan20161023116

    全員がクリア!イェーー!

    myogisan20161023126

    下山しながらの一枚
    緊張は解けてぐったりしているのかと思いきや、まだまだ元気一杯!

    子供達は同年代の仲間が一緒になると元気が2倍にも3倍にもなりますね。
    お互いに刺激をし合ったり、励ましあったり、お菓子交換も大切なコミュニケーション。

    myogisan20161023127

    子供達の充実感たっぷりの後ろ姿。

    幼い頃に自然と触れ合うことは、大人が同様のことするのに比べても何倍もの刺激があるようです。
    子供達と登山へ行くと、登るという目的ばかりが頭にある大人には気がつかないような、自然の中の不思議をたくさん発見してくれます。

    鎖場でのドキドキ感は、高度感に対してだけでなく、自分の力でなんとかしなければと思う気持ちのドキドキも存在しています。なんとかなった時の安堵感。その一瞬だけで子供達を成長させているのかなと思わせるほどです。

    登山に限らず子供達を自然の中へ連れ出しましょう。
    きっと大人がびっくりするようなことを発見してくれるはずです。

    子供向けのプログラムを今度はたくさん作ろうと思います。
    お父さん、お母さんも負けてられませんよ(^^)
    ご家族みんなで自然を楽しみましょう!

    峯岸健一

Comments are closed.

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。