• Fujiyama over night camp 20151001【秋の富士山に泊まってきました】

    Posted on 10月 1, 2015 by in Infomation, Report

    DSCN7406

    沢登りトレーニングを終えた後に富士宮新5合目に移動してきました。
    ちょうどサンセットタイムでした。

    DSCN7407

    日が沈むと急激に寒くなりますね。

    DSCN7409

    太陽が西に沈むみ、真っ暗な中を登っていくと、東の空から月が昇ってきました。
    スーパームーンから2日後ですが、光量は眩しいほど。

    DSCN7414

    ちょっとしたトラブルがあったのですが、概ね予定通りに山頂へ到着。
    風が吹いていましたが、ここから本峰剣ヶ峰へ向かってもうひと登り。

    DSCN7415

    ここを今夜の野営地とする!
    テントやスリーピングマットはあえて持ってこないで、ビバークのトレーニングです。
    まずは、おしるこを食べて温まりましょ。

    DSCN7421

    この時の気温はちょうど0度くらいかな。
    コンクリートの底冷えは氷の上より寒いです。持っているものをみんな敷き詰めます。
    バックパックの中身を出してマットの代わりに。足元は脱いだ靴の上に足を乗せました。これでかなり違います。
    ダウンジャケットは必須ですね。

    DSCN7426

    月がほぼ真上。月明かりが眩しすぎて!
    写真よりも実際のほうが明るいです。

    DSCN7434

    こんな感じ。
    広い富士山の山頂には僕ひとりきり。
    寂しいったらありゃしない。
    眠るしかありません。

    DSCN7436

    4時間くらいはぐっすり眠れました。3時くらいからは寝たり起きたり。一番気温の下がった時間ですね。
    この夜の最低気温は-2.5度でした。
    4時半くらいから明るくなり始め、お湯を沸かそうとしたら、ボトルの水が半分くらい凍っていました。。。

    DSCN7440

    赤く染まり始める空
    さっきの月と同じアングルから撮った一枚には、光の強い星がひとつ。
    地球が回っているのを実感できますよ。

    DSCN7448

    5:34に日の出です。
    雲が程よくある方がリフレクトして綺麗です。
    あ〜感動。。。

    DSCN7454

    毎日、毎日、春夏秋冬、誰が来ようが来まいがずっと日本一の場所に立ち続けている石塔。
    なんか男らしくカッコいいです。

    DSCN7457

    そうそう。
    御来光を貸切で見れると浮かれていたら、ぬ〜っと一人の男性が現れてめちゃくちゃびっくりしました。
    いるんですね。物好きな人。

    DSCN7458

    次第に明るくなり、あたりは白さが出てきました。
    眼下には大きな雲の帯。
    自分が本当に日本一の場所にいる実感。
    これが富士山の醍醐味ではないでしょうか。

    DSCN7459

    北の空には竜が飛んでいました。

    DSCN7461

    下山しながらの景色も格別です。
    箱根や相模湾が朝日に照らされています。

    DSCN7465

    5合目の辺りは黄葉がとても綺麗でした。
    鮮やかな色をイメージすることのない富士山ですが、それは、この時に富士山へ行く人が少ないからですね。
    富士山は日本でも最も遅い新緑が見れる場所でもあり、また葉が色づく秋も楽しめます。
    積雪期でなければ、登山に高い技術は求められないかもしれませんが、具合が悪くなったり、山の上部で怪我をして歩くのが困難になった時ほど、この山の大きさを感じると思います。

    現在富士山の登山道は6合目から頂上までは閉鎖となっています。
    行かれる場合には、十分な用意をしていく必要がありますので、くれぐれもご注意ください。

    峯岸健一

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。