• Big Mountain Showerclimbing 141004 【上越国境白毛門沢の沢登り】

    Posted on 10月 9, 2014 by in Report

    白毛門沢

    上越国境沢登り遠征ツアー!

    上越国境とは、群馬県と新潟県を隔てる谷川連峰のことをいいます。上州と越州の境ということですね。

    超がつく豪雪地帯の沢は、雪で削られた地形が多く、つるっとした岩床や水量の多い時期に削られた巨岩などが目立ちます。

    Kintounがいつもツアーをしている丹沢とは違った雰囲気が味わうことができるのです。

    白毛門沢

    群馬県のみなかみ町にある白毛門沢へやってきました。

    当初は新潟県南魚沼市にある米子沢へ行く予定で集合したのですが、現地で雨に降られ急遽群馬県側へ移動してここへ来ました。

    紅葉の時季ともあって、沢には他のグループも入り賑やかです。

    登りの標高差は約1000m。登り応えありますよ!

    白毛門沢

    白毛門沢

    特に難しい箇所はありませんが、ロープを出してあえて攻めていただく滝もあり!

    白毛門沢

    これが最大の滝。30mほどですかね。その気になれば登れると思いますけど、今回は巻き道(迂回路)を使って回避です。

    白毛門沢

    「行けるでしょ〜」と登り始めたはいいけれど、あまりのヌメヌメにやられ、途中でロープを出してあげました(笑)

    白毛門沢

    目印の大岩

    みんなで持ち上げてみました。

    白毛門沢

    登って行くと水は徐々に少なくなっていくのですが、そんな中で力強く生きるサンショウウオ。

    生命力って素晴らしい!

    白毛門沢

    ほとんど水は涸れてこんな場所を登り続けて行きます。

    スタートが下の方に見えてます。頑張って登ってきました〜!

    白毛門沢

    上を向けば紅葉が見えてきました!

    白毛門沢

    気がつけば自分が紅葉の中。

    こんな黄金色の草原をひたすら登って行きます。

    登山道と違い道はないので、自分で登れるところを登ります。時には自分の背丈を超える垂直の壁だったり、泥濘んでいるステップに足をかけたり、でも、テクニカルではないのでグイグイと登れます。

    沢登りの最後の詰めは薮をかき分けということが多いのですが、ここは草原を登って行けるので、登りが本当に気持ちいい!

    いわゆる登山道を使って山を登る登山にもう少し刺激が欲しいという方には、沢登りは絶対にオススメです。白毛門沢

    白毛門山頂!頑張りました!

    後ろは当初行く予定だった新潟側ですが、いまだに黒い雲に包まれていました。場所を移動して正解でした!いぇい!

    白毛門沢2000m弱の上越の山々は紅葉が綺麗でした。

    今回の僕らはこの白毛門登山口を出発するときは、山頂はガスに包まれ、登り始めたら晴れ!山頂で360度のパノラマを楽しみ、下山を始めたらまた山頂はガスというように、なんてラッキーだったのでしょう!

     

    白毛門沢

    下りは登山道を約2時間。ヒザが大爆笑していた方もいらっしゃいましたが、登った充実感と紅葉に癒されながら、本当に充実をした沢登りでした。

    毎年開催をしたい秋のビッグマウンテンシャワークライミング!

    来年は今年のリベンジかな〜。

     

    ご参加された皆さん、大変お疲れさまでした!ありがとうございました!

     

    KTN シャワークライミングツアー

    Kenichi Minegishi

Comments are closed.

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。